チラシ・パンフとHPの違い

どちらも、企業の宣伝、広告を行うもの。

「HP作りましたー見てくださいーどうぞー」っていう告知はfacebook上でよくあります。

ま、それで見るのはその一回だけでしょうけど・・・。

案外、そう思ってないのが告知する側だったりw

orikomi

チラシ・パンフとHPの違い 3つ

さて、

チラシ・パンフ(紙媒体、いわゆる印刷物)とHPとの違いって何でしょうか。

媒体が違う

チラシは紙、HPはネット。

そりゃそうです、当然です。物質的に違います。

HPは後からでも修正できる

チラシは紙なので印刷してから間違いが見つかっても直せない。

HPは間違いがあったら(紙媒体に比べれば)すぐ直せるし、更新も容易。随時、記事の追加もできる。

ま、大体の人がこーゆーイメージなんじゃないでしょうか

でも、一番大事なのは、次。

それを見てほしい人に伝えるための手法が違う

チラシだったら、新聞折込とかポスティングするとか店頭に置いとくとか会った人に渡すとか、色々されてます。昔からあるものなので、チラシだったらどこにいくら撒くかといったことを、ごく普通に、無意識のうちに考えてます。

そして、紙媒体は基本プッシュ型なので、見せる側の意図で、相手の人のエリアに入ることが容易です。

例えば、新聞折込とかポスティングとかは、その人の家だったり視界だったりに強制的に入れてしまえるわけです。だから、見ますよね。

でも、HPは・・・

「HP作りましたー見てください―、全世界に公開になりましたー」

って言ったところで、「で?」っていう。

そのときは誰かが見るかもしれない。

けどそれって、内輪の人が一回見て終わりでしょw

その後、新聞折込にも入らないしポスティングもできないそれを、どうやってそれ見てもらうん?

HPの方が、見てもらうまでのハードルは高い

HPなんてパソコンでもスマホでも簡単にいつでもどこででも見れるんだから、ハードルは引くいんじゃ?って思うかもしれません。

その点は、確かにそうです。

が、

HPの場合、「自分で端末を操作して見てもらう」っていう作業が必要だから、チラシみたいに「はい、見てね」じゃ見れません。見る側に見るっていう作業を強いるので、チラシと同列に考えてると、見てもらうまでにものすごいハードルが高いんです。

しかし、これはまぁ、当たり前の話。

当たり前なんだけど、それを当たり前の前提として考えてみんながHP作ってるかというと、大半がNO。チラシ感覚で作られてる。

それじゃあ、いつまで経っても人来ないよね。

億千万のHPから、自分のHPを見てもらうために

おっくせんまん!おっくせんまん!

HPなんて、この世に億単位であります。

その中で見てもらうためにはどうすればいいか。

まぁ具体的には

  • ネット上のアクセスは、検索エンジン経由のアクセスが9割弱
  • あとは細かいとこでSNS

だから、まずは検索エンジンを押さえるのが先。

そしたらSEOかPPC。

  • SEO=検索エンジン最適化
  • PPC=ネット広告

どちらかを経ないと、自分のHPには人が来ない。

つまり、このどちらも考えてないHPには、人が来ない。そんなWEB制作は、見た目はいいかもしれないけど乗ってみたら泥船っていうことが、割とよくあります。

こーゆー思考の欠落は、売り手側によくある話。これ売りたい、HPで売りたい、デザインはこう、文章はこう、っていう。

はい、綺麗なチラシみたいなHPが出来上がりました。

で、どうやってそこに辿り付くの?

1ユーザーとしての立場で見てみる

「そうは言っても、わかんねーよ」って思うかもしれませんが、別に難しいことを言ってるわけじゃ~ありません。

「自分だったらどうするか」を考えればいいんです。

具体的には

自分でスマホ持ってるんだから、そこから探し物したりHP見るときにどうやって行動してるか

それをちょっと追求してみるだけです。

そう考えたら、少しは見えてくるはずです。

世の中、教えてもらったことしかできない人が多いっつうか、学校で教えてもらうことは出来てもググって学ぶことのできる人って少ないから、たったこれだけのことで先走れたりするんです。意外なくらいにね。

まぁ、世の中泥船だらけだからさ、俺みたいな昭和なデザインでもアフィリサイトぐらいなら食ってけるわけですけどねw

周りが泥船のうちに、先にちゃんとした船作って出航しとけっていうね。

なお、うちには平成なデザイナーがいるので、見た目が必要なWEBの制作に関しては、自分に出番は回ってきませんwご安心をw

シェアする

フォローする