記事の文字数は何文字がいいのか

「1記事は何文字ぐらいがいいの?」という問い。よくあります。

一般的には、長ければ長い方がいいと言われていますが、その辺どうなのか、ちょっと考えて見ましょう。

昔は1ページに800~900文字くらいだった

一昔前は1000文字弱(PCで見たときに1ページ半~2ページ分ぐらい)と言われていましたが、今時はスマホの普及で縦長ページへの抵抗が減ったこともあり、1000文字の文章を見るとかなり短く感じてしまいます。つまり、少ねぇ、ってことです。

成果が上がっているページを見るに、1500~といったところです。2~3000文字あれば十分かなと思いますが、長いものはとことん長く、長いものになると6000字ってのもあります。

10文字でいいときもあれば、3000文字必要なときもある

で。

SEO的に、文字数ってどうなのよ、と。

これ、つまるところ、検索者の欲求が満たされる文字数であればいいだけです。

答えを書くのに2000文字必要であれば2000文字、100文字でいいなら100文字、といった具合です。適切な文字数は、検索者(検索意図)によって異なります。

まぁ、長い方がいい、ということにはなっていますが、無駄に長くても「なげぇ」って思われちゃうだけなので、無駄に長くてもダメです。

例えば、「今何時?」だったら(実際にはスマホ見ますけど)、何時何分という答えが即返ってくるのがベストであり、そこに必要な文字数は、ほんの10文字くらいでしょう。

となると、最適な文字数は10文字くらいでいい、となります。

問いが複雑になると、回答に要する文字数も多くなります。なので、最適な文字数は、その問いによって異なります。1000文字で済むものもあれば、3000文字書いても足りないものもあります。

検索者の意図を掴めば、文字数が見えてくる

そこに共通するのは、「検索者が欲しい情報、検索欲求に応えるコンテンツ」です。検索者は、長い文章を読みたいわけではありません。「答え」が欲しいだけです。できれば、わかりやすく。そのために必要な文字数が、適切な文字数になります。

これを一律で「○○文字がいい」というのは、おかしいと言わざるを得ません。検索者の欲求は、一律の文字数で回答できるものではないですからね。

まとめると、そのページに最適な文字数は

  • 検索者の欲求を満たす
  • わかりやすい文章

これを満たした、相応の文字数ということになります。

簡潔かつ欲求を満たす文章に加えて、最後まで読んでもらうために読者に飽きさせない流れ。「へーなるほどー」と思わせることができれば勝ちです。

ちなみにこの記事は1100文字くらいです。ちょっと短く感じるんじゃないでしょーかね。1500文字くらいが読みやすいボリュームかな~とは思います。

シェアする

フォローする